濃度計の使い方って。

親戚に印刷屋がいるんですけど、主に美術印刷を手掛けているので、
かなり色味については細心の注意を払っているという事でした。
先日たまたま遊びにいったら、テスト刷の前に小さな機械。
これは何?と聞いたところ濃度計
印刷はC(シアン)M(マゼンダ)Y(イエロー)K(キー・プレート・黒)
この4色で再現されているのをご存じでしょうか?
小さなドットの集まりがフルカラーを再現しているなんて本当に驚きました。
だからこそ色のバランスが大切。
インクの状態が大切で、濃度計でズレがないか毎回チェックしているそうです。
職人さんって大変だ。